看護専門学校に入る基準となる偏差値について解説しております

どのくらいの偏差値なら妥当?看護専門学校に入るための基準

看護師になるためには学校に通い、看護師国家試験を受け合格するのが条件です。
国家試験という目標に向かうためには、看護専門学校か大学の看護科に入学しなければいけません。

看護師国家試験の合格率は比較的高いことから、
世間一般のイメージとしては、看護師は簡単になれる職業だというイメージがあるようです。

 

しかし看護師になるための知識や技術を学ぶ学校に入学するために必要な偏差値は、
平均で50〜65とかなり高めになっています。

ここは学校による違いなどもありますが、余りにも偏差値が低い場合は国家試験以前に、
看護学校にすら入学できないということになってしまいます。

 

看護専門学校の場合は実技を中心に学びますが、
大学の看護科の場合は学科を中心に学びますので、理系もこなさなければいけません。

なんとなく文系というイメージも強いのですが、
理系に弱い人はそれを克服しておかないと合格するのが難しいとも言われています。

偏差値が低い人は諦めなければいけないのか?
これについては偏差値というのはあくまでも目安ですから、
本人の努力次第では偏差値をアップさせることも可能です。

 

ただし余りにもかけ離れている場合は少し難しくなるかもしれませんが、
少し足りないくらいなら努力でカバー出来る範囲なのであきらめる必要はありません。

ただし偏差値というのは地域によっても違いがあります。

平均に満たない場合でも自分の偏差値で合格率の高い地域を選べば、可能性もアップします。