看護師の国家試験対策の前に、これから看護師を目指そうと専門学校に応募する方のための方法をご紹介。応募方法と、出願資格をしっかりと確認して進めていきましょう。

看護師の専門学校への出願資格と応募方法についてまとめてみました

看護師専門学校とは看護師を養成するために設立されている日本の学校機関です。

 

看護師専門学校では医療現場で活躍する看護師を養成するために、
基礎的な看護教育や臨床実習などを指導し、修業期間の3年間で卒業となります。

看護師専門学校は専門学校としての位置づけが専らでしたが、
近年では4年制大学における看護部の設立や3年制の看護短期大学などの割合が増加しています。

 

看護師専門学校は母体となる設置運営団体によって特徴があり、医療法人系列の専門学校では、
卒業後に同系列医療機関への就職の斡旋やフォローなどがあります。

その他にも地方公共団体や国が運営する専門学校は国立病院等の統廃合により、
減少傾向にあるものの学費等が安いため、人気があります。

 

看護師専門学校に入学するための出願資格としては、
一般的に高等学校を卒業している、もしくは卒業見込みである者です。

各学校によって一般選考や推薦選考などの募集要項が違いがあり、入試科目も異なります。

学科試験は国語、数学、英語が必須科目であり、
それ以外に社会や理科系の選択科目が追加される場合があります。

 

又、ほとんどの看護師専門学校で小論文による選考を実施していますので事前に対策をしておきましょう。

最後にグループ面接で、入学動機や看護師としての将来について発表をします。

学校機関によって、実施する選考方法が多少異なりますが大まかな流れになります。

看護師専門学校では、高等学校を卒業したばかりの入学希望者だけでなく、
大学卒業者や社会人などを広く受け付けています。