看護師の専門学校に入るための資金として奨学金制度があります。各看護専門学校で提供している奨学金に迫ってみました

安いものではない専門学校にかかる費用を奨学金で賄うには

看護師

看護専門学校には奨学金制度を実施しているところもたくさんあります。
看護師になるためには看護学校に通い、
国家試験を受け合格するというステップがあります。

しかしこれには学費や入学金、実習費用など何かとお金が掛かります。
家族のサポートを受けられる人はいいのですが、
家庭の事情や経済的事情で進学を断念せざるを得ない人もいますね。

 

看護専門学校の奨学金はこういう人のためにある制度といってもいいでしょう。
ただし奨学金制度を利用するには条件があります。
ここは各看護学校によって多少のちがいはありますが、まず学校が指定するまたは提携している病院で実習を受け、
卒業後もその病院に就職するなど細かく決められています。

 

例えば同じ系列ならありえるかもしれませんが、
北海道の看護学校に通い奨学金制度を利用した場合、
東京の全く違った病院に就職するとルール違反になるので、
奨学金の返還請求を受けることもあります。

この場合は一括で返済するよう請求されることもあるので、規則は守らないといけません。
ただし指定の病院に勤務するのは、奨学金を返済するまでの期間を設定しているので
返済が住めばほかの病院への転職は可能です。

 

希望すれば全員が奨学金制度を利用出来るとも限りません。

健康であること、一定の成績をクリアしていることなど条件も変わってくるので
事前にしっかりと確認しておきましょう。
条件を満たしていても、人数に定員がある場合は選考になるので奨学金制度を利用できないこともあります。