看護専門学校に合格するためにはどうしたらいいのかご紹介していきます

看護師になるための最初に乗り越える道は看護専門学校に合格すること

看護師になるためには看護学校に通い過程を修了しなければいけません。

 

その先にはさらに国家試験という最後の難関が待ち受けています。
看護師を目指すならまず、看護学校に合格することが大切です。
ほかの大学や専門学校と同じように、受験勉強も必要です。

 

ただし看護師の資格を取得するには、
看護学校、大学や短期大学の看護科、通信教育などいくつかの方法があります。

中には現役ではなく何年かして働きながら看護師を目指す人もいますね。
これはその人によって環境なども違うので、選択肢があるのはありがたいことです。

 

学校を受験する場合には、一般入試の他に推薦入試という方法もあります。
入試方法も変わってきますし、推薦だから100%合格するとも限りません。
チャンスは与えられますが、それを最大限に生かせるかはその人次第のところもあります。

 

一般入試の場合は、学科試験/面接/小論文/調査書が一般的です。
これが推薦入学の場合は、調査書/面接/小論文となるので
一見ハードルは低くなるように感じます。

ただし推薦入試にも種類があるので、一般公募の場合はハードルも高くなり
必ずしも推薦が有利というものでもありません。

 

学校以外では養成所に入るという方法もあります。

これは看護学校のことですが、働きながら学ぶ場合は通信教育を利用する人も増えています。

看護学校では一部を除いて、年齢制限がなくなっているので
後になって看護師を目指すこともできるようになっています。